夏の皮膚~あせも とびひ 虫刺されなど

夏は汗をかくようになり、また虫刺されも多くみられます。
早めに治療して良くしてあげましょう。

〇あせも
汗の出口がふさがれて炎症がおこったものです。額や首のまわり、胸、背中など汗の出やすいところに多くみられます。

〇虫刺され
刺されたところが腫れてしこりの残る人がいます。早めに薬を塗ることで腫れを軽くしたりかゆみを抑えてあげられます。

〇とびひ
虫刺されやあせもなど皮膚をひっかいて細菌が入り込み水ぶくれができます。これをかきこわした手で他の場所をかくと、そこにまた水ぶくれが「とびひ」します。抗菌薬の入った塗り薬、場合により飲み薬で治療します。