新型コロナウイルス感染症についての対応(3/6更新)

新型コロナウイルス感染症についての対応

新型コロナウイルスの発生報告が増加しています。
① 予防について:日常の予防としては手洗い、アルコール消毒、人込みを避ける、人との距離をとるなどが有効と言われています。マスクは咳をしている人が感染を広げないために有効です。
② 日常生活について:子供たちは風邪をひくことが多く、今後その中の一つが新型コロナ感染である可能性が出てきます。知らず知らずのうちに広げてしまわないように気をつけましょう。そのためには、
・すこしでも調子が悪ければ高齢者・基礎疾患のある人との接触は控えましょう。
・微熱や咳がある時は通常より早めに保育園・幼稚園・学校を休みましょう。
・発熱がみられたら24時間は登園・登校は控えましょう。
・新型コロナウイルスの診断目的での受診は控えましょう。現時点でクリニックでは検査が出来ません。
③ 感染拡大防止の観点から院内・診察室内でも出来るだけマスクの着用をお願いします。
④ 当院かかりつけ症状の安定している方の定期処方処方のみが可能な場合がありますのでご相談ください。暫定的に行うもので今後変更になることもあります。

症状が重い場合、接触歴がありコロナ感染症が疑われる場合は厚生労働省の電話窓口に相談して下さい。
電話 0120-565-653 (午前9時-午後9時 土日、祝日も対応)

新型コロナに対するQ&Aが小児科学会より出されています。参考にされて下さい。
http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326